コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキョル朝 スキョルちょうSkjoldung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキョル朝
スキョルちょう
Skjoldung

スカンジナビア半島南部,デンマーク人の故地スコネに出た伝説上の英雄スキョルを祖とする王朝 (小部族諸王国の一つ) 。スキョルとその子孫についてはアングロ・サクソンの叙事詩『ベーオウルフ』 (8世紀頃) やアイスランドの「サガ」に述べられている。5世紀以後ユトラント (ユラン) 半島やスウェーデンにも勢力を及ぼしたと伝えられ,実在が確実なのちのデンマーク王たちはスキョル朝を名のっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スキョルちょう【スキョル朝 Skjold】

デンマーク最初の王スキョル(楯の意)を祖とし,シェラン島のライレLejreに本拠地を置いたとされる伝説上の王朝。スキョルという名は,スコーネ地方の海岸に漂着した船の中で彼が楯の上に寝かされていたことに由来する。スキョルの死後,王家は息子のハルフダンHalvdan,孫のローアルRoarやヘルゲHelgeへと継承され,そのころ(5世紀後半とされる)からデンマークを中心に強大化したというが,系図は中世の各伝説によって混乱がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スキョル朝の関連キーワードデンマーク史ステンキルデーン人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android