コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキョル朝 スキョルちょう Skjoldung

2件 の用語解説(スキョル朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキョル朝
スキョルちょう
Skjoldung

スカンジナビア半島南部,デンマーク人の故地スコネに出た伝説上の英雄スキョルを祖とする王朝 (小部族諸王国の一つ) 。スキョルとその子孫についてはアングロ・サクソン叙事詩ベーオウルフ』 (8世紀頃) やアイスランドの「サガ」に述べられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スキョルちょう【スキョル朝 Skjold】

デンマーク最初の王スキョル(楯の意)を祖とし,シェラン島のライレLejre本拠地を置いたとされる伝説上の王朝。スキョルという名は,スコーネ地方の海岸に漂着した船の中で彼が楯の上に寝かされていたことに由来する。スキョルの死後,王家は息子のハルフダンHalvdan,孫のローアルRoarやヘルゲHelgeへと継承され,そのころ(5世紀後半とされる)からデンマークを中心に強大化したというが,系図は中世の各伝説によって混乱がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スキョル朝の関連キーワードデンマーク王立バレエ団ロスキレロスキレ大聖堂リーベデンマーク連合王国デンマーク王立歌劇場管弦楽団デンマーク放送交響楽団フライト・トゥ・デンマークターンマークデンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone