コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクワイア

2件 の用語解説(スクワイアの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スクワイア

英国の社会階層。身分的にはナイト(騎士)よりも下で〈たんなるジェントルマン〉よりは上の富裕な地主層をさし,家紋の使用を許される。広義のジェントルマンの中核的な存在で,近世から近代初期にかけて地主支配体制をさして〈スクワイアラーキーsquirearchy〉という言葉が用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スクワイア【squire】

語源的には中世以来の身分概念である〈エスクワイアesquire〉と同じ。貴族の下に位置し,貴族とともにイギリス近代初期の支配階級となったジェントリーの中核をなす。家紋の使用を認められた富裕な地主。身分的には〈ナイト〉よりは下で〈単なるジェントルマン〉よりは上に位置し,1688年ころで3000家族程度という推計もある。ひろく〈富裕な地主〉という意味でも使われ,〈スクワイアラーキーsquirearchy(地主支配体制)〉とか〈スクワーソンsquarson(地主兼牧師)〉といった言葉も生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スクワイアの関連キーワードアノミー概念論第三身分ペーソス傘袋ジェントルマン宿場町前身念無し空洞の法則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スクワイアの関連情報