スサ(英語表記)Susa

旺文社世界史事典 三訂版の解説

スサ
Susa

イラン南西部のザグロス山脈西麓にあった古代都市遺跡
エラム地方の中心地で,1897年以来,発掘調査されている。ハンムラビ法典碑も,ここから発見された。先史時代からの文化の重なり,前4000年紀後半の第2層は,進んだ都市文明を示す。そのすぐれた彩色 (さいしき) 土器エラム原文字は,メソポタミア文化の起源を知るうえの貴重な史料アケメネス朝のダレイオス1世がここに首都を建設し,その後ササン朝では産地として栄えた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報