コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジコガネ Anomala testaceipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スジコガネ
Anomala testaceipes

鞘翅目コガネムシ科。体長 15~19mm。体は卵形色彩変異が多いが,普通背面は緑色で金属光沢があり,腹面は銅緑色,肢の大部分と前胸背両側は黄褐色である。各上翅に明瞭な5隆条があり,それらの間は細かく点刻され光沢が鈍い。北海道,本州四国,九州,朝鮮アムール東シベリアなどに分布する。夏季出現し,針葉樹の葉を食害する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android