スジヒトツバ(英語表記)Cheiropleuria bicuspis (Bl.) Presl

世界大百科事典 第2版の解説

スジヒトツバ【Cheiropleuria bicuspis (Bl.) Presl】

暖地の山地の比較的乾いた林下に生じる常緑性の小シダ(イラスト)。ウラボシ科に含まれるが,単型のスジヒトツバ科を認める分類系もある。根茎は短く横走し,硬くて,やわらかい毛を密生するが,鱗片はない。葉は2形。栄養葉単葉,全縁で,時に先端が2裂することもあり,長い葉柄をつける。栄養葉の葉身は広卵状楕円形,長さ10~20cm,幅3~10cm,胞子葉の葉身は線状披針形,長さ8~15cm,幅1~1.5cm,主脈の下側を除いて裏面全体に胞子囊をつけ,毛が混じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジヒトツバ
すじひとつば / 筋一葉
[学]Cheiropleuria bicuspis Presl.

スジヒトツバ科の常緑性シダ。葉は単葉で胞子葉と栄養葉の二型があり、胞子葉は線形で裏一面に胞子嚢(のう)をつける。栄養葉は卵状楕円(だえん)形で、3~5本の太い脈が走る。いずれも長い針金状の葉柄がある。静岡県以西の暖地に分布する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android