スジミゾイサキ(読み)すじみぞいさき(英語表記)yellowlined grunt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジミゾイサキ
すじみぞいさき / 筋溝伊佐幾
yellowlined grunt
[学]Pomadasys quadrilineatus

硬骨魚綱スズキ目イサキ科に属する海水魚。神奈川県、高知県の太平洋沿岸、九州南岸、屋久島(やくしま)、沖縄島、台湾などの海域に分布する。体は楕円(だえん)形で、側扁(そくへん)し、体長は体高の2.8~3.2倍。口は小さく、上顎(じょうがく)の後端は目の前縁下に達する。両顎には小さい円錐歯(えんすいし)があり、前部では狭い絨毛(じゅうもう)状の歯帯で、外列歯は肥大する。大きな犬歯がない。下顎腹面に細長い溝がある。背びれの棘(きょく)部は三角形状で第3~4棘はもっとも長い。棘部と軟条部の間には深い欠刻(切れ込み)がある。臀(しり)びれ第1棘は非常に小さく、第2棘は第3棘より長くて強い。尾びれの後縁は二叉(にさ)形または弱い二叉形である。体は淡褐色で、腹面は銀色。体側に5条の金色の縦帯があり、第1帯は項部(背びれ起部より前の後頭部)から背びれの前、第2帯は項部から背びれ軟条部基底起部、第3帯は鰓蓋(さいがい)上部から背びれ軟条部基底後端、第4帯は目の後ろから尾びれの上部、第5帯は胸びれの下部後方から尾びれの下部まで走る。最大の体長は約15センチメートルの小形種。沿岸浅海域から大陸棚の砂泥域にすみ、底生の無脊椎(むせきつい)動物や小魚などを食べる。飼育観賞魚として売られている。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android