コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンダード・オイル[会社] Standard Oil Co.

世界大百科事典 第2版の解説

スタンダード・オイル[会社]【Standard Oil Co.】

かつてアメリカ石油市場を支配したスタンダード・オイル・トラストの中核会社で,現在のエクソン社,シェブロン社,モービル・オイル社などの石油企業の前身。 起源は,J.D.ロックフェラーが1862年にオハイオ州クリーブランドで始めた石油精製工場であり,70年に同業数社を糾合してオハイオ・スタンダード社Standard Oil Co.(Ohio)を設立した。当初は,リスクの大きい原油探鉱・生産には手を出さずに,もっぱら輸送部門の独占を通じて,原油生産の支配と精製業者の統合を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスタンダード・オイル[会社]の言及

【石油化学工業】より

…さらに,ガソリン生産が大規模化するとともに,ガソリン生産に伴う副生ガスも大量に発生するようになり,この副生ガスの有効利用が求められた。 このような流れのなかで,1920年スタンダード・オイル社(ニュージャージー)がプロピレンを原料とするイソプロピルアルコール(塗料用溶剤の原料)の生産を開始した。また25年になると,ユニオン・カーバイド社がエチレンを原料として自動車用不凍液に使われるエチレングリコールの生産を始めた。…

【ロックフェラー】より

…貧しい薬の行商人の息子としてニューヨーク州リッチフォードに生まれ,16歳で農産物仲買商の会計係に雇われるが19歳で独立する。種々の事業に投資しながら刻苦して資金をため,1863年以後のブーム期に石油精製業に進出し,70年には早くも資本金100万ドルのスタンダード・オイル社を設立した。以後のロックフェラーは石油精製事業の全国的統合に乗り出し,異常な成功を収めるが,その成功の秘密は,鉄道会社と特別輸送契約を締結,割引運賃によって他社を駆逐した点にあった。…

【ロックフェラー財閥】より

…こうした傾向は第2次大戦後薄らいだとはいえ,最近に至っても程度の差はあれ残っており,アメリカの〈影の支配者〉としてロックフェラー一族をとらえる見方も散見される。 ロックフェラー財閥の富と名声のもととなった石油事業の歴史をみると,その始まりは1870年のスタンダード・オイル社(オハイオ)の設立にさかのぼる。ロックフェラーは,鉄道,パイプラインなど原油掘削,精製の周辺事業を押さえることによって,石油産業に一大トラスト,スタンダード・オイル・トラストを築き上げることに成功した。…

※「スタンダード・オイル[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スタンダード・オイル[会社]の関連キーワードスタンダード・オイル・トラストエクソン・モービル[会社]ロックフェラー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android