コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチェパン・トブルトコ1世 スチェパン・トブルトコいっせいStjepan Tvrtko I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチェパン・トブルトコ1世
スチェパン・トブルトコいっせい
Stjepan Tvrtko I

[生]1338頃
[没]1391.3.14.
ハンガリー支配下のボスニア首長 (バン,在位 1353~77) ,のち王 (在位 1377~91) 。トブルトコ1世とも呼ばれ,ステファン・トブルトコ1世とも表記される。コトロマニア朝最大の支配者。 1366~67年ハンガリーの援助を得て大領主の勢力を打破。国内の権力基盤を固めたのち,アドリア海岸,セルビアに兵を進め,1377年「セルビア,ボスニアおよび沿海域の王」と号した。 1388年ビレチャの戦いでオスマン帝国軍を破り,翌 1389年コソボの戦いに参加。 1390年ドブロブニーク (ラグーザ) を除くダルマチアクロアチアの一部を合わせ,最大版図を実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スチェパン・トブルトコ1世の関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナ在位

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android