コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステッセリ

百科事典マイペディアの解説

ステッセリ

帝政ロシアの将軍。日本ではステッセルとも。日露戦争旅順攻略乃木希典の率いる日本軍に包囲され,7ヵ月のちの1905年1月降伏。水師営で開城規約に調印。ロシア軍法会議で死刑の判決を受けたが,のち減刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステッセリ【Anatolii Mikhailovich Stessel’】

1848‐1915
ロシアの将軍。日本ではステッセルとも呼ぶ。1899年から東部シベリア第3歩兵旅団を指揮し,義和団の鎮圧にも加わる。1903年8月から旅順司令官となり,日露戦争では日本軍の攻撃に対して旅順防衛の指揮をとった。05年1月,旅順要塞は陥落したが,まだ防衛能力があるにもかかわらず降伏したとして軍法会議にかけられ,死刑を宣告された。のち10年の禁錮に減刑され,さらに09年,ツァーリによって特赦された。【広瀬 健夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステッセリの関連キーワード帝政ロシア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android