コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファン・ウロシュ1世 ステファン・ウロシュいっせいStefan Uroš I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファン・ウロシュ1世
ステファン・ウロシュいっせい
Stefan Uroš I

[生]?
[没]1280
ネマーニヤ朝のセルビア王 (在位 1243~76) 。ウロシュ1世とも呼ばれる。ニカイア帝国と結んでブルガリア,エピルスと戦う。ドブロブニーク (ラグーザ) に貢納を要求。貨幣を鋳造し,商業・鉱山業を興した。 1268年ハンガリーの内政に干渉し,ベーラ4世の捕虜となり,ベーラ4世の孫娘と結婚していた息子のステファン・ドラグティン (在位 1276~1316) に国土の半分を譲ることを条件に釈放された。 1276年ドラグティンと戦って敗北,退位。晩年修道院に隠棲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ステファン・ウロシュ1世の関連キーワードスタリソポチャニ修道院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android