コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーラ4世 ベーラよんせいBéla IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーラ4世
ベーラよんせい
Béla IV

[生]1206
[没]1270.5.3.
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1235~70) 。アンドラーシュ2世の子。 1241年モンゴル人侵入により,王国の大半が荒廃したが,モンゴル人の撤退後,下級貴族と都市に依拠し,また多数の移住民を受入れ,国力の回復,整備に努めた。援助を口実にしたオーストリア侯フリードリヒの侵入を 46年に排撃。またモンゴル人に追われて来住した異教徒クマン人 (→クマノイ族 ) を制するため,息子イシュトワーン5世とクマン人の王女とを結婚させた。その後もセルビアボヘミアなどの隣接王国との紛争は続いたが,王国の統一に尽力。特に 61年には再び侵入したモンゴル人を撃破し,ボヘミアのオタカル2世とは 65年から死没するまで戦った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベーラ4世の関連キーワードステファン・ウロシュ1世マーチャーシュ教会マジャール人マルギット島シュメグ城ハンガリーブダペストサモボルグラデツブダ城

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android