ベーラ4世(読み)ベーラよんせい(英語表記)Béla IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーラ4世
ベーラよんせい
Béla IV

[生]1206
[没]1270.5.3.
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1235~70) 。アンドラーシュ2世の子。 1241年モンゴル人侵入により,王国の大半が荒廃したが,モンゴル人の撤退後,下級貴族と都市に依拠し,また多数の移住民を受入れ,国力の回復,整備に努めた。援助を口実にしたオーストリア侯フリードリヒの侵入を 46年に排撃。またモンゴル人に追われて来住した異教徒クマン人 (→クマノイ族 ) を制するため,息子イシュトワーン5世とクマン人の王女とを結婚させた。その後もセルビアボヘミアなどの隣接王国との紛争は続いたが,王国の統一に尽力。特に 61年には再び侵入したモンゴル人を撃破し,ボヘミアのオタカル2世とは 65年から死没するまで戦った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android