コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダットサンブルーバードP510型

日本の自動車技術240選の解説

ダットサンブルーバードP510型

昭和42年新しいブルーバード(510型)が「新しい時代の新しいセダン」というキャッチフレーズで発表された。510の特徴は、ロングノーズ・ショートデッキにのプロポーションとスーパーソニックライン(高速ジェット機のフォルムを受け継いだクサビ型のシャープなシルエット)のスタイリングの他、1)三角窓のない新鮮なスタイリング2)新設計OHC72馬力エンジン3)新ストラット型前輪独立懸架4)新セミトレーリング型後輪独立懸架5)カーブド・ドアガラス6)新換気装置7)安全設計などが特徴となっている。基本車種としては4ドア2ドアのデラックス及びスタンダード、1600SSS、ワゴン、バンのデラックスとスタンダードの8車種とタクシー用2車種、トルコン付き4車種の14車種がが同時に発表された。(発売当初からこのクラスで14車種をそろえたのはわが国初)その後、道路網の整備拡大に伴う高速長距離ドライブ時代に対応するとともに需要の多様化に応えるため、順次バリエーション追加を行ない、ワイドバリエーション体制の充実が図られる。このようにブルーバードは戦後のわが国モータリゼーションの時代にあって、ファミリーカーとして象徴的存在となり、歴史的名車としてわが国自動車史上の一時代を画した。右車は昭和45年の第18回東アフリカサファリラリーで総合優勝したマシン。総合・クラス・チーム優勝の完全制覇だった。第17回サファリラリーを舞台にした映画「栄光の5000キロ」(石原裕次郎主演)は有名。保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1969
製作者(社)日産自動車株式会社
資料の種類その他
現状保存・非公開
車名ダットサンブルーバード(1600SSS)
モデル名P510型
会社名日産自動車(株)
製作開始年1969
車種・用途乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員5名
車両重量915kg
構造一体構造方式
バンパースチール
ステップなし
全長4,120mm
全幅1,560mm
全高1,400mm
タイヤサイズ゙5.60-13 4P
フレーム一体構造
前軸ストラットボールジョイント式
後軸半浮動式
軸距2,420mm
前トレッドx後トレッド1280×1280
車高調整なし
ステアリングリサーキュレーティングボール式
ダンパー前油圧式複動筒型、後油圧式複動筒型
スタビライザー前トーションバー式
原動機名L16型
冷却/気筒配列水冷/直4
弁機構OHC
気化器2連横向可変ベンチュリ
内径x行程83×73.7mm
排気量1,595cc
点火系蓄電池点火コイル式
最高出力/回転数100ps/6000rpm
最大トルク/回転数13.5kgm/4000rpm
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量46L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4速
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車社史(1964-1973)』日産自動車、1975年 2)日産自動車サービス周報第138号
その他事項前照灯:4灯式;ワイパー:羽根付き;ウォッシャー電動式;足ブレーキ:前ディスク式、後リーディングトレーリング式;手ブレーキ:機械式後二輪;最終減速:3,900;最高速度:165km/h;

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

ダットサンブルーバードP510型の関連キーワードヒッピアスヒッピアス(古代ギリシアの僭主)デフレ脱却送り出し機関関空2期工事大潟村海上の森レターパック目黒インテリアストリート韓国情報通信網法

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android