コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステレオゴム ステレオゴムstereoregular rubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステレオゴム
stereoregular rubber

立体規則をもつ合成ゴムで,天然ゴムと同様な立体構造をもつ。シス-1,4-ポリイソプレンやシス-1,4-ポリブタジエンなどがその例である。天然ゴムに近い性質をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ステレオゴム

天然ゴムと同じような立体規則性の分子構造をもった合成ゴムの総称。シス型イソプレン重合物(イソプレンゴム)のシス-ポリイソプレンと,シス型ブタジエン重合物(ブタジエンゴム)のシス‐ポリブタジエンとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステレオゴム【stereo‐regular rubber】

イソプレンやブタジエンを重合して得られる立体規則性構造に富んだゴムの総称。立体規則性ゴムともいう。天然ゴムの立体構造はほぼ純粋なシス‐1,4結合のポリイソプレンである。イソプレンの結合様式にはシス‐1,4結合,トランス‐1,4結合,1,2結合,3,4結合の4種類があり,多くの化学者が天然ゴムをめざしてイソプレンの重合を試みたが,これらが互いにまざり合った構造のポリイソプレンが得られるにすぎず,天然ゴムと同じ立体構造のポリイソプレンを合成することは長い間,化学者の夢にとどまっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のステレオゴムの言及

【合成ゴム】より

…日本においても66年を境に合成ゴムの使用量が天然ゴムのそれを上回った。
[ステレオゴムと熱可塑性ゴム]
 1953年,西ドイツのK.チーグラーによって発見され,その後イタリアのナッタG.Nattaによって展開されたチーグラー触媒は,有機金属化合物と遷移金属化合物とを組み合わせた触媒であるが,この系統の触媒を使用して高シス‐1,4ポリイソプレン(イソプレンゴム),高シス‐1,4ポリブタジエン(ブタジエンゴム)などの立体規則性ポリマーの合成が可能となり,いわゆるステレオゴムの登場として注目を集めた。とくに高シス‐1,4ポリイソプレンは天然ゴムとほとんど同じ立体構造をもった合成ゴムであり,天然ゴムと同じものを合成しようという化学者の念願がここにほぼ実現するに至った。…

※「ステレオゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステレオゴムの関連キーワードpolyisoprene gom合成ゴム工業

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android