ステンレス製鋼法(読み)ステンレスせいこうほう

世界大百科事典 第2版の解説

ステンレスせいこうほう【ステンレス製鋼法】

初期のステンレス鋼は,電気炉で炭素鋼屑を溶解し,鉄鉱石脱炭した後,低炭素フェロクロム合金を加えて製造された。ニッケル酸化損失がほとんどないから添加方法にとくに問題はないが,クロムは添加物の種類,添加方法および時期によって,留りに大きな差を生ずる。しかも,クロムの合金量は多いから,その歩留りの良否がコストを大きく左右する。したがって,ステンレス鋼製造の主眼点は,安価な含クロム原料を使って,クロムの酸化を防ぎながら,炭を優先的に進行させる点にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android