コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステンレス製鋼法 ステンレスせいこうほう

世界大百科事典 第2版の解説

ステンレスせいこうほう【ステンレス製鋼法】

初期のステンレス鋼は,電気炉で炭素鋼屑を溶解し,鉄鉱石で脱炭した後,低炭素フェロクロム合金を加えて製造された。ニッケルは酸化損失がほとんどないから添加方法にとくに問題はないが,クロムは添加物の種類,添加方法および時期によって,歩留りに大きな差を生ずる。しかも,クロムの合金量は多いから,その歩留りの良否がコストを大きく左右する。したがって,ステンレス鋼製造の主眼点は,安価な含クロム原料を使って,クロムの酸化を防ぎながら,脱炭を優先的に進行させる点にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ステンレス製鋼法の関連キーワードインジェクションメタラジー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android