コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレージサービス ストレージ サービス

4件 の用語解説(ストレージサービスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ストレージサービス

インターネット上の大規模な記憶装置ストレージ)を提供して、データを管理するサービスユーザーネットワークを通じてストレージにアクセスし、データを活用する。企業にとっては、自社で大規模なストレージを購入・管理するよりも低コストで、必要に応じて容量を増減できるのがメリット。また、個人ユーザー向けのオンラインストレージ・サービスは、データのバックアップ、自宅と会社のパソコンファイルの一元管理、仲間とのデータ共有などに利用されている。容量や機能に応じて、有料と無料のサービスがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストレージ‐サービス(storage service)

オンラインストレージ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ストレージサービス【storage service】

オンラインストレージ。⇒オンラインストレージ

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストレージサービス
すとれーじさーびす

インターネット上のサーバーにユーザーのデータを保管し、他のユーザーと共有もできるサービス。storageは「保管・倉庫・記憶装置」の意味。クラウドサービスの一環であることから、クラウドストレージサービスともよばれる。一定の容量までは無料で保管できるものが多い。代表的なサービスとしては「Dropbox(ドロップボックス)」、「iCloud(アイクラウド)ドライブ」、「Google(グーグル) ドライブ」、「Evernote(エバーノート)」などがある。それぞれ、画像や動画を含む法人や個人のデータを保管・管理でき、特定のユーザーと共有・管理することができる。パソコン上からのみならず、スマートフォンやタブレット型端末からでも、専用アプリケーションを介して同期・共有できるため、USBメモリーなどで物理的にデータを持ち運ぶ必要がなく、紛失の心配もない。また、パソコンのハードディスクが故障した場合も、ネット上のサーバーに預けているデータには何ら影響せず安全に保たれる。
 大容量のファイルや画像などのやり取りにもストレージサービスが利用される。「firestorage(ファイヤーストレージ)」、「宅ふぁいる便」、「GigaFile(ギガファイル)便」などがあり、相手にダウンロードサイトのアドレスをメールなどで知らせることで、データのダウンロードが可能になる。メールに添付するには容量が大きすぎるデータの転送によく使われる。このサービスはデータ転送の中継が主で一時預かりの場合が多く、一定期間を過ぎるとデータは削除される。有料会員になると一回に送れるデータ量が増えたり、転送速度が速くなるなどのメリットがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストレージサービスの関連キーワードインターネットカフェインターネット博覧会インターネットワーキングインターネット検索インターネット証券インターネットエクスプローラーインターネットTVインターネット割引リモートストレージインターネットスラング

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストレージサービスの関連情報