スナイデルス(読み)すないでるす(英語表記)Frans Snyders

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナイデルス
すないでるす
Frans Snyders
(1579―1657)

フランドルの画家。アンベルスに生まれ、同地に没。ヤン・ブリューゲル(子)の弟子。1602年生地の聖ルカ組合に登録され、09年までイタリアを旅行する。14~15年ごろ静物画の分野で様式を確立、ルーベンスファン・ダイクの共同制作者としてその画面に静物画を描き込んでいる。狩猟図にも秀作が多い。代表作に『調理台』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)、『鹿(しか)狩り』(ルーブル美術館)など。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android