コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナヒトデ スナヒトデ Luidia quinaria

3件 の用語解説(スナヒトデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナヒトデ
スナヒトデ
Luidia quinaria

棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目スナヒトデ科。腕は5本,腕長 14cm内外で,先端に向って少しずつ細くなる。体色は黄褐色ないし帯緑灰色で,普通腕の中央に縦に黒色の帯がある。北海道南部から九州にかけて浅海に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スナヒトデ【Luidia quinaria】

ヒトデ綱スナヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。砂の中に潜ったり,はったりして生活するのでこの名がある。北海道南部から九州に分布し,浅海の砂底にすむ。腕は5本あり,腕の長さは約14cmで,先端になるにつれてしだいに細くなる。体色は黄褐色から帯緑灰色で,体の中心から腕の先端までの中央を縦の黒い帯が走っている。腕の側方にある下縁板からは外側に扁平なとげがでており,腹面は細い小さなとげで覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナヒトデ
すなひとで / 砂海星
[学]Luidia quinaria

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱スナヒトデ科に属する海産動物。砂泥地に産する茶褐色のヒトデで、腕は細長くて柔らかく、触れると根元や腕の途中から切れて落ちやすい。腕長10センチメートル以上になる。地色は茶褐色であるが、腕の正中線に沿った部分は黒く、腹面は淡黄色。管足の先端に吸盤がなく、岩の上をはい上ることはできない。砂泥中の稚貝や多毛類などの小動物を摂食する。北海道南西部から九州の浅海に分布する。近縁のヤツデスナヒトデL. maculataは腕長30センチメートルに達する八腕の大形種である。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スナヒトデの関連キーワードエゾヒトデコブヒトデタコヒトデ蜘蛛海星海星チョウセンクモヒトデニチリンヒトデ(日輪海星)ヒトデ(海星∥人手)ヒメヒトデ(姫海星)マンジュウヒトデ(饅頭海星)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone