コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナヒトデ Luidia quinaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナヒトデ
Luidia quinaria

棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目スナヒトデ科。は5本,腕長 14cm内外で,先端に向って少しずつ細くなる。体色黄褐色ないし帯緑灰色で,普通腕の中央に縦に黒色の帯がある。北海道南部から九州にかけて浅海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スナヒトデ【Luidia quinaria】

ヒトデ綱スナヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。砂の中に潜ったり,はったりして生活するのでこの名がある。北海道南部から九州に分布し,浅海の砂底にすむ。腕は5本あり,腕の長さは約14cmで,先端になるにつれてしだいに細くなる。体色は黄褐色から帯緑灰色で,体の中心から腕の先端までの中央を縦の黒い帯が走っている。腕の側方にある下縁板からは外側に扁平なとげがでており,腹面は細い小さなとげで覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナヒトデ
すなひとで / 砂海星
[学]Luidia quinaria

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱スナヒトデ科に属する海産動物。砂泥地に産する茶褐色のヒトデで、腕は細長くて柔らかく、触れると根元や腕の途中から切れて落ちやすい。腕長10センチメートル以上になる。地色は茶褐色であるが、腕の正中線に沿った部分は黒く、腹面は淡黄色。管足の先端に吸盤がなく、岩の上をはい上ることはできない。砂泥中の稚貝や多毛類などの小動物を摂食する。北海道南西部から九州の浅海に分布する。近縁のヤツデスナヒトデL. maculataは腕長30センチメートルに達する八腕の大形種である。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スナヒトデの関連キーワードヒトデ(海星∥人手)砂海星

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android