スパイクシューズ(読み)すぱいくしゅーず(英語表記)spiked shoes

日本大百科全書(ニッポニカ)「スパイクシューズ」の解説

スパイクシューズ
すぱいくしゅーず
spiked shoes

走るときスリップせず、しっかり地面を踏めるよう、の底に鋼鉄製などの釘(くぎ)を取り付けたスポーツ用のシューズ(靴)。一般的には単にスパイクという。1868年11月1日、アメリカのニューヨーク・アスレチック・クラブの室内大会で、ウィリアム・カーチス(のち第1回オリンピック・アテネ大会の団長)が使ったのが初めてといわれる。そのとき、100ヤード(91メートル)に10秒0を出し、驚異的記録と騒がれた。その後改良に改良を重ねた結果、スターティング・ブロックとともに記録向上に役だっている。

[石井恒男]

スパイク

陸上競技用のスパイク(釘)の長さは短距離18ミリメートル、中距離13ミリメートル、長距離7~10ミリメートルで、本数は6本以内と規定され、やり投げについてはかかとの部分に2本つけることが許される。シューズの底は20ミリメートル以内となっているが、これはタータンの弾力性を考慮に入れたものである。ただし、ばねや仕掛けのあるものは許されていない。

 スパイクシューズは陸上用のほか野球、サッカー、ラグビー、ゴルフ用などがあり、サッカー、ラグビー用は危険防止のため釘のかわりにゴムあるいは皮製のいぼがつけられている。

[石井恒男]

その後の動き

2019年4月現在、陸上競技用のスパイクの規定は、国内大会では、ピンの長さは9ミリメートル以内(走高跳びとやり投げは12ミリメートル以内)、ピンの直径は4ミリメートル以内、本数は11本以内とされている。国際大会でのピンの長さは7ミリメートル以内とされている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「スパイクシューズ」の解説

スパイク‐シューズ

〘名〙 (spiked shoes から) 底にすべり止めの釘(くぎ)を打ちつけたくつ。スパイク。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉早慶毎期三回戦の申合せ「アンダーシャツを着込み、スパイクシュースを穿いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android