やり投げ(読み)やりなげ(英語表記)javelin throw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やり投げ
やりなげ
javelin throw

陸上競技の投てき種目の一つ。男子は長さ 260~270cm,重さ 800g以上,女子は長さ 220~230cm,重さ 600g以上のやりを,助走をつけて投げ,飛距離を競う。古代オリンピック競技大会からある種目で,近代になってフィンランドスウェーデンを中心に発達。助走路の長さは 30~36.5m。幅 4m,半径 8mの円弧を設けその内側から投げる。やりは尖端,柄,グリップの3部分からなる。尖端以外の部分から落ちた場合は無効。競技者が8人をこえるときは3回の試技のあと上位8人がさらに3回,8人以下のときは全員が6回の試技を行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やり投げの関連情報