スヒーダム(英語表記)Schiedam

翻訳|Schiedam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ南西部,ゾイトホラント州の都市。ロッテルダム西郊,スヒー川とニーウェマース川 (新ムーズ川) の合流点に位置する。 1273年都市権を獲得。魚と穀物交易で栄えたが,17世紀以後次第にロッテルダムに繁栄を奪われた。 15世紀の聖堂,17世紀の市庁舎,両替所 (1792) などの建造物が残る。河港をもち,造船鋳造,機械,ガラス,化学製材などの工業が立地するほか,ジンとリキュールの製造で知られ,リキュール博物館もある。ロッテルダムの大都市圏に包含されている。人口7万 1117 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダ南西部、ゾイト・ホラント州中部の都市。人口7万6102(2001)。スヒー川がニューエ・マース川に合流する地点に位置する。河港での取引と造船、ガラス、化学などの工業が活発である。市内には醸造所が多く、とくにジンの世界的な産地である。町はスヒー川のダムに起源を有し、1273年には自治都市となって漁港、貿易港として繁栄したが、16世紀以降は東に隣接するロッテルダムの台頭によって衰退した。13世紀の城跡をはじめ、ヤン教会、市庁舎などの歴史的建築物が多く残る。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android