コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピリト Spirito, Ugo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピリト
Spirito, Ugo

[生]1896.9.9. アレッツォ
[没]1979
イタリアの観念論哲学者。師ジョバンニ・ジェンティーレが哲学的思惟の根底とみなした「純粋行為」を展開して,それを全人間的生命の根底に置き,科学と哲学の同一哲学を樹立。この立場から政治や経済学を論じ,ファシズムに理論的基礎を与えることにもなった。哲学の課題を歴史的概念の批判に限定したうえで,科学的探究によって人間行為の客観的規準を求めようとする試みが,その仕事の中心をなす。主著『科学と哲学』Scienza e filosofia(1933),『探究としての生命』La vita come ricerca(1937)など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スピリトの関連キーワードグラナドス:演奏会用アレグロ/piano soloディスカヴァリーカショエイロデイタペミリンエスピリトゥ・サント[島]ミナス・ジェライス[州]ニューヘブリディーズ諸島マルティン・バス諸島バッチオ・ダーニョロユリエスキ・グリエルビトリア(ブラジル)ユリエスキ グリエルマルティンバス諸島サンポール大聖堂シアン・カアンボッティチーニシチリアの晩鐘マチュ・ピチュバンデイラ山ブラジル高原フエゴ[島]