コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベリン スベリン suberin

翻訳|suberin

2件 の用語解説(スベリンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スベリン(suberin)

高級脂肪酸などを含む重合体。植物の細胞壁に堆積(たいせき)してコルク化させる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スベリン
すべりん
suberin

植物のコルク組織主成分で、木栓質ともいう。化学的には、炭素数22の長鎖のヒドロキシ脂肪酸ジカルボン酸を構成要素とする重合体と考えられている。スベリンは、化学的にも生物学的にも、植物の表皮のクチクラ組織にあるクチンと類似しているが、クチンよりもアルカリ加水分解しやすく、また化学処理によって解重合しやすい。スベリンは、植物の二次肥大成長に伴ってコルク形成層からつくられるコルク組織の細胞が細胞壁中に堆積(たいせき)した物質で、これによってコルク化した細胞壁は水や気体を通しにくくなる。樹種によって、コルク形成層の作用が長く続いて厚いコルク層をつくるもの(コルクガシ、アベマキ)、薄く強いコルク層をつくるもの(サクラ、シラカンバ)、局部的にコルク層が発達して翼状あるいはこぶ状の突起をつくるもの(ニシキギ、コブニレ)などがある。実用のコルクはコルクガシからとったもので、水をはじく性質を利用して木栓その他に用いる。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスベリンの言及

【コルク】より

…比重は0.13~0.16。上記の性質の因となる化学成分はスベリンsuberinと総称されている。スベリンはヒドロキシ脂肪酸を中心成分とする高分子化合物で,フェノールも含む。…

※「スベリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スベリンの関連キーワードアルキド樹脂高級脂肪酸細胞壁石鹸プラスチドプロトプラスト長鎖脂肪酸ショ糖脂肪酸エステルモノ不飽和脂肪酸酪酸価

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スベリンの関連情報