コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田精一 ヨシダセイイチ

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐せいいち【吉田精一】

[1908~1984]国文学者。東京の生まれ。東京教育大・東大教授。日本近代文学研究に新しい実証主義的方法を樹立。著「自然主義の研究」「近代日本浪漫主義研究」「明治大正文学史」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田精一 よしだ-せいいち

1908-1984 昭和時代の国文学者。
明治41年11月12日生まれ。東京教育大,東大,埼玉大などの教授をつとめる。昭和26年日本近代文学会の創立に参加。文献主義を批判し,実証的研究法を確立した。34年「自然主義の研究」で芸術院賞。学士院会員。昭和59年6月9日死去。75歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「明治大正文学史」「近代文芸評論史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしだせいいち【吉田精一】

1908~1984) 国文学者。埼玉県生まれ。東京教育大・東大教授。日本の近代文学研究の発展に指導的役割を果たした。著「自然主義の研究」など多数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吉田精一の関連キーワードグリオキシル酸回路プロトポルフィリン混合栄養(生物)フィトメーター法フィコエリスリンフィコシアニンアリューロン粒エマーソン効果日本近代文学館キサントフィル作用スペクトルフコキサンチン異常肥大成長バイオトロンフィコビリン排水(植物)紅藻デンプンベタレイン光化学系フラボン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android