コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スボヤ Chelyosoma siboya

2件 の用語解説(スボヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スボヤ【Chelyosoma siboya】

尾索綱ドロボヤ科の原索動物。体液に酸味があるところからこの名がある。北海道から本州北東部に分布する。体長5cm,径3cmほどの円柱状で,やや傾いて他物に付着している。体の外皮は緑褐色で厚く,軟骨状を呈し,半透明。体の頂端の周辺はうね状に盛り上がっていて,その内方には6枚の板に囲まれている入水孔と出水孔が見られる。大部分のものは表面に他の付着生物がついている。外皮の内層を食用にする。近縁種にキタカメノコボヤC.macleayanusほか数種があるが,いずれも北方域に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スボヤ
すぼや / 酢海鞘
[学]Chelyosoma siboja

原索動物門尾索綱腸性目コレラ科に属する冷水系の単体ボヤ。長径、高さとも10センチメートル程度に達する楕円(だえん)柱が傾いて付着した状態を呈する大形種。被嚢(ひのう)は厚い軟骨状、半透明で褐色を帯びる。被嚢内層を食用にする。和名は体液に酸味があることに由来する。円柱の上底面にあたる部分の表面は、浅い溝により多角形をなす多数の小板にくぎられる。小板の配列が本属の種を分ける重要な特徴となるが、本種では、それぞれ6個の小板に取り囲まれた入水孔と出水孔の間に単一の中心板、その左右両側に2個ずつの中間板があり、これらをぐるりと取り巻く辺縁板は20~25個を数える。北海道および青森県陸奥(むつ)湾に生息している。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スボヤの関連キーワードアカボヤ原索動物サルパ頭索類尾索類亜門半索動物光海鞘海鞘魚介類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スボヤの関連情報