コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツ団体傷害保険 スポーツダンタイショウガイホケン

デジタル大辞泉の解説

スポーツだんたい‐しょうがいほけん〔‐シヤウガイホケン〕【スポーツ団体傷害保険】

学校・会社などのアマチュアスポーツ団体を保険契約者、その団体の構成員を被保険者とし、団体管理下における競技中および練習中の事故により、死亡または傷害を負った場合の損害を填補する目的の保険。被保険者数が50名以上であることが条件。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

スポーツ団体傷害保険

学校、会社等のアマチュアスポーツ団体を保険契約者、その団体の構成員を被保険者とし、団体管理下における運動競技中、および練習中の事故により、傷害を被った場合に保険金を支払う保険を指します。被保険者数が50名以上であることを必要とし、スポーツの種類、被保険者数により、契約条件が異なります。保険金の種類には、死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、手術保険金および通院保険金があります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

スポーツ団体傷害保険の関連キーワード団体傷害保険

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android