コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマーク スマーク Smirke, Sir Robert

3件 の用語解説(スマークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマーク
スマーク
Smirke, Sir Robert

[生]1781.10.1. ロンドン
[没]1867.4.18. シェルテンハム
イギリスの建築家。 19世紀前半を代表するイギリス新古典主義の建築家の一人。 1799年ロイヤル・アカデミーの金賞を得,1801年から 05年までイタリアギリシアを旅行し,古典建築を研究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スマーク【Robert Smirke】

1781‐1867
イギリスの建築家。ロンドン生れ。処女作はゴシック風邸館ラウザー・カースル(ウェストモーランド,1811)だが,コベント・ガーデン歌劇場(ロンドン,1809。56焼失)では一転してギリシアのオーダーを用い,以後多くの公共建築をギリシア様式で建てた。大英博物館(ロンドン,1847)の設計でグリーク・リバイバル第一人者となる。オーダーは遺構を忠実に再現しているが,平面と立面の扱いではギリシア建築を超える壮大さを追求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマーク
すまーく
Sir Robert Smirke
(1781―1867)

イギリスの建築家。ロンドン生まれ。1801~05年、イタリアとギリシアに遊学。初期のラウザー城(1806~11)はまだゴシック風だが、コベント・ガーデン劇場(1808。1856焼失)で初めてギリシア・ドーリス式を採用、グリーク・リバイバルの第一人者となった。大英博物館(1823~46)と中央郵便局(1823~29。1912破壊)が代表作。32年サーの称号を受けた。著書に『大陸建築実例集』(1806)がある。チェルトナムで没。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスマークの言及

【大英博物館】より

…チューダー朝にさかのぼる王家の蔵書を寄贈したジョージ2世にならい,1823年ジョージ4世が3世のコレクションとともにその蔵書を寄贈したのを機に改築工事が開始された。R.スマークが設計に携わり,47年,今日見られるような新古典様式のファサード(彫刻はウェストマコットR.Westmacottによる)をもつ建物が完成した。ルイ・ナポレオン,ガリバルディ,マルクス,南方熊楠などが訪れたことで有名な円形の図書館閲覧室は,ロバートの弟シドニーSydney Smirkeの設計で,57年に完成している。…

※「スマーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スマークの関連キーワードソーンバターフィールドピュージンブロンデルロンドン交響楽団ロンドン橋落ちたラッチェンスカズンズ父子コッカレルバーリントン伯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマークの関連情報