コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレモ(菫藻) スミレモTrentepohlia aurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミレモ(菫藻)
スミレモ
Trentepohlia aurea

緑藻類カエトフォラ目スミレモ科。細い糸状の藻でときに数 cmの長さになるので肉眼でも認められる。スギ,ヒノキなどの樹皮や陰になった崖地などに着生し,平素は気中で生活するが,成熟すれば,糸状体に遊走子嚢・配偶子嚢を生じ,雨露を待って生殖細胞が泳ぎ出す。体細胞中の葉緑体は不明瞭で橙色の顆粒を多数有するので,藻体は淡い赤褐色を呈する。スミレモの名はこの藻をシャーレなどの中で長期培養したのち,ふたを開くとスミレの匂いがしたことによりつけられたものであるが,その匂いは野外では確かめがたい。なお,ケスミレモ T. bogoriensisT. lageniferaなどの種があり,これらは糸状体が顕微鏡的な大きさで,岩石,樹皮,地衣類などの表面に固着している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android