スモン病(読み)スモンビョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

スモン‐びょう ‥ビャウ【スモン病】

〘名〙 (スモンはsubacute myelo-optico-neuropathy の頭文字をとったもの) 亜急性脊髄視神経症。特定疾患(難病)の一つ。症状は下痢、腹痛が三日~一週間続き、下痢が止まるころから足先にしびれを感じ、次第に上行して下半身まで麻痺が及び、歩行困難となり、時には失明することもある。昭和三〇年(一九五五)頃から各地に発生。キノホルム剤の多用による中毒であることが判明し、同四五年にキノホルム剤の発売中止により鎮静。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android