コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラグセメント

百科事典マイペディアの解説

スラグセメント

鉱滓(こうさい)セメントともいう。水砕スラグを主体としたセメント。石灰スラグセメントとセッコウスラグセメントがある。前者はスラグに20〜30%の消石灰と少量の焼きセッコウ,硫酸ナトリウムを加えたもの,後者はスラグに約10%のセッコウと少量のポルトランドセメントないしは消石灰を加えたものである。
→関連項目セメント

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のスラグセメントの言及

【セメント】より

…ダムなどの大塊コンクリート,一般土木建築工事に使われる。スラグセメントslag cement潜在水硬性をもった水砕スラグを用いたセメントで,高炉セメント以外のもの。高硫酸塩スラグセメントとも呼ぶ。…

※「スラグセメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android