コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラブ・ギリシア・ラテン学院 スラブギリシアラテンがくいん Slavyano‐greko‐latinskaya akademiya

1件 の用語解説(スラブ・ギリシア・ラテン学院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スラブギリシアラテンがくいん【スラブ・ギリシア・ラテン学院 Slavyano‐greko‐latinskaya akademiya】

1687年,モスクワに初めて設けられた一般高等教育機関。シメオンポロツキーSimeon Polotskii(1629‐80)によって創設。最初はギリシア人の学者を教授に迎え,ギリシア語ラテン語教会スラブ語自由七科,神学を教えていたが,18世紀よりステファン・ヤボルスキーの改革によって近代語,医学,物理学,哲学なども取り入れられ,ギリシア語よりもラテン語に重点をおくようになった。この学院からは聖職者のみならず,官僚も育ち,ロシアにおける最初の高等教育機関として大きな役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スラブ・ギリシア・ラテン学院の関連キーワードモスクワ遠征モスクワ芸術座モスクワ大学イワン神祇歌マシン記録荘園券契所亡命者はモスクワをめざすモスクワ5000モスクワを占領せよ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone