スルタン・ガリエフ(読み)スルタンガリエフ

百科事典マイペディアの解説

スルタン・ガリエフ

タタールスタンの民族主義的共産主義者。ロシア二月革命後カザン・ムスリム社会主義者委員会に参加し,十月革命後ロシア社会民主労働党に入ボリシェビキ派に加わる。スターリンに見出され,中央ムスリム軍事参与会議長,民族人民委員部参与会員,タタールスタン共和国中央執行員などを歴任,イスラム世界における社会主義の独自性に注目し,古典的公式マルクス主義の修正を企てた。1923年反革命の容疑逮捕され,民族主義的偏向の理由で党から除名,その後釈放されたが,1928年に再逮捕,強制収容所に送られた。1934年の釈放後1937年に3回目の逮捕をへて1940年処刑された。ペレストロイカのもとで1990年名誉回復。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android