コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレマツ Sremac, Stevan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スレマツ
Sremac, Stevan

[生]1855.11.11. バチカ
[没]1906.7.12. ソコ・バニャ
セルビアの作家。ユーモア小説を書いた。代表作 "Pop Ćira i pop Spira"(1898)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スレマツ【Stevan Sremac】

1855‐1906
ユーゴスラビアの小説家。ボイボディナの生れ。ベオグラードに学んだ後,中学教師としてニーシュ,ピロット,ベオグラードで生涯を送る。そこで知りかつ親しんだ民衆の生活をユーモアたっぷりに描き,セルビア文学に独自の地歩を占めた。代表作は,生れ故郷の風俗を集大成した《チーラ坊主とスピーラ坊主》(1898),ニーシュの新旧世代相を戯曲化した《ゾーナ・ザンフィロバ》(1903)。【田中 一生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスレマツの言及

【ユーゴスラビア】より

…また19世紀中ごろロシアやフランスのリアリズムに影響されながら,クロアチアの過去を散文に再現したシェノア,セルビア随一の児童文学者ズマイ,スロベニアのユルチッチの活躍も注目される。世紀末にセルビアのラザレビッチLaza Lazarević(1851-91),マタブリスレマツ,クロアチアのノバックVjenceslav Novak(1859-1905)らが地方色豊かな日常生活を好んで描いた。 中世の歴史を通じて,ユーゴスラビア地域の南スラブ諸族はそれぞれ独自の言語をもつようになり,北からスロベニア語,クロアチア語,セルビア語,マケドニア語が話されるようになったが,19世紀に全体の70%以上を占めるセルビア語とクロアチア語が文語として統一されたことは,政治的にも重大な事件だった。…

※「スレマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スレマツの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ニコライゴッチェシェッドデーデルラインバルトンピーボディヘイトホイットニーユーイング

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android