コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スール スールSour

翻訳|Sour

3件 の用語解説(スールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スール(Sour)

レバノン南西部の村。古代フェニキアの海港都市ティルスがあった。

スール(Sur)

オマーン東部の都市。首都マスカットの南東約150キロメートルに位置し、オマーン湾に面する。6世紀頃より東アフリカとの交易により栄え、16世紀にポルトガルの支配下に置かれた。ダウ船という伝統的な木造船の造船所があることで知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スール【Ṣūr】

地中海岸にある南レバノン最大の都市。ティールTyreともよばれる。1960年代は1万人以上の人口を擁し(1969年1万5000人),その大部分がシーア派イスラム教徒キリスト教徒が少数派。商港としての繁栄はテュロスとよばれた古代から有名で聖書にも出てくるし遺跡も多い。近年はアラブイスラエル関係が悪化したことで重要度が急減している。後背地のレバノン山地南部への工業用材供給地で,漁民,船大工そして卸・小売商が住む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスールの言及

【貝】より

…そのためそれを採取した遺跡には今もその貝殻が山とつまれている。このようにこの紫の染料は貴重であり,高価であったので帝王紫Imperial purpleといわれ,またそれを積み出したテュロス港(現,スール。聖書ではツロ)にちなんで,テュロス紫Tyrian purpleと称された。…

【テュロス】より

…フェニキアの海港都市。現在名スール。聖書ではツロと記される。…

※「スール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スールの関連情報