コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズハイル Zuhair ibn Abī Sulmā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズハイル
Zuhair ibn Abī Sulmā

古代アラビアの詩人。6世紀後半頃の人。イムルル・カイス,ナービガとともに古代アラビアの三大詩人と評価される。その代表作は名詩選『ムアッラカート』に加えられ,また後世になって「ディーワーン」 (個人詩集) も編まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズハイル
ずはいる
Zuhayr ibn Ab Sulm
(530ころ―627ころ)

イスラム以前の古代アラビアの知性派詩人。メディナ市近くの詩人の家に生まれ、イスラム以前のアラブ七大詩人の1人に数えられる。40年間にわたるダーヒスの戦いの末期にあたり、和平を主張した人々をたたえる詩をつくった。ハト派の詩人として独自の趣(おもむき)があり、復讐(ふくしゅう)心の芽生えを戒め、争いの愚かさと人生のはかなさを歌った点で特筆に値する詩人。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のズハイルの言及

【ハンサー】より

…ハンサーとは〈獅子鼻〉の意で,彼女の顔の特徴から付けられたあだ名。詩才豊かな家系に生まれ,一族の中には大詩人ズハイルZuhayr(530ころ‐627ころ)および預言者ムハンマドに頌詩を献じて名高いカーブ・ブン・ズハイルKa‘b b.Zuhayr(生没年不詳)がいる。詩中には,当時の人生観および女性観が横溢し,史料的価値もある。…

※「ズハイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ズハイルの関連キーワードハンサー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android