コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズボリキン ズボリキンZworykin, Vladimir Kosma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズボリキン
Zworykin, Vladimir Kosma

[生]1889.7.30. モウロム
[没]1982.7.29. ニュージャージー,プリンストン
ロシア生れのアメリカの電子工学者。ペテルブルグ工科大学で電気工学を学び (1912) ,パリのコレージュ・ド・フランスで,P.ランジュバンの教えを受けた。第1次世界大戦中はロシア軍の無線通信隊に所属。 1919年アメリカに渡り,ピッツバーグでウェスチングハウス・エレクトリックの研究員となり,24年アメリカ市民権を取る。 29年アメリカ放送会社 RCAの電子開発部門の責任者となる。彼は陰極線管を利用して,電子線で短時間に1枚の絵を走査することを考え,それに基づいてテレビジョン送像用のアイコノスコープ,受像管キネスコープを発明 (特許申請はそれぞれ 23,24年) ,電子式テレビジョン時代の出発点を築いた。さらにカラーテレビの開発 (28年特許) ,光電池,電子顕微鏡,二次電子増倍管の研究と改良など,電子工学の発展に重要な貢献をなした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ズボリキンの関連キーワードニュージャージー州コレージュ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android