コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズレニャニン Zrenjanin

2件 の用語解説(ズレニャニンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ズレニャニン【Zrenjanin】

ユーゴスラビア北部,ボイボディナ自治州バナト地方の中心都市。人口8万1000(1991)。以前はベリキ・ベチュケレクVeriki Bečkerek,1934年以降ペトロフグラードPetrovgrad,第2次大戦後,当地の〈人民英雄〉ジャルコズレニャニン(1902‐42)にちなんで現在名となった。ベゲイ川に臨む交通の要衝。すでに15世紀には都市としてみとめられるが,16世紀中葉から第1次世界大戦まではオスマン帝国オーストリアの支配をうける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズレニャニン
ずれにゃにん
Zrenjanin

セルビア共和国北部、ボイボディナ自治州の都市。ベオグラード北方約60キロメートルティサ川支流ベゲィ川河畔にある。ハンガリーセルビアルーマニアにかけて広がるバナート地方のセルビアにおける中心都市。人口13万0070(2001推計)。旧称ベリキ・ベチュケレクVeliki Bekerek(1930年代まで)、ペトロブグラードPetrovgrad(1947年まで)。現名称は対ドイツ解放戦争(第二次世界大戦)の英雄ジャルコ・ズレニャニンarko Zrenjanin(1902―42)にちなむ。バナート地方の農産物集産地として発達。ドナウ―ティサ―ドナウの水路完成により港湾都市としてさらに重要度が増した。教育大学、工業高校などがあり、食品工業がとくに盛んで、河川用の造船工場もある。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズレニャニンの関連キーワードモンテネグロユーゴスラビアセルビアモンテネグロコバチツァノビサドフルシュカゴラボスニア・ヘルツェゴヴィナブチコユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ズレニャニンの関連情報