セスジアカムネグモ(英語表記)Ummeliata insecticeps

  • せすじあかむねぐも / 背条赤胸蜘蛛

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモ綱クモ目サラグモ科。雌雄とも体長2~3mm。体は淡黄褐色ないし黒褐色で腹部上面に明るい縦条がある。地表に小さいシート網を張り,ツマグロヨコバイの幼虫やアブラムシなどの小昆虫を捕食する。成長が速く,1年に数世代を重ねる。雌は体より大きな円盤形の卵嚢を石の下や落ち葉に付着させる。水田に特に多く,害虫の天敵となっている。北海道から九州に分布する。微小な近似種が多く,種の同定は専門家でないとむずかしい。 (→サラグモ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ形綱真正クモ目サラグモ科に属するクモ。体長3ミリメートルぐらいで、頭胸部は赤褐色、腹部は灰色で中央に淡色の縦条(たてすじ)がある。雄の眼域の後方に、前方に向かった三角形の突起がある。水田や草間、地表に小さいシート網を張るが、むしろ徘徊(はいかい)性的な行動をとり、イネの株間などにいてイネの害虫であるウンカやヨコバイを盛んに捕食するので、天敵として重要視されている。1年に何世代か繰り返す。日本全土に広く分布する。本種に似たニセアカムネグモGnathonarium exiccatusも、水田で生活し、害虫を捕食する。

[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android