コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セベンヌ山脈 セベンヌさんみゃくCévennes

1件 の用語解説(セベンヌ山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セベンヌ山脈
セベンヌさんみゃく
Cévennes

フランス南部,マシフサントラル中央山地)南東縁を形成する山脈。ローヌ川下流河谷の西側斜面をなし,大きな断層が直線状に並ぶ。断層上は石灰岩台地で,最高峰オートロアール県アルデーシュ県境のメザンク山(1754m)。おもに結晶質の岩石からなり,差別浸食により地形は複雑。ヒツジが飼育され,谷間の斜面ではブドウ,オリーブが栽培される。山麓地域は洪水でたびたび被害を受け,炭鉱のある工業町アレスのほかは,町は少ない。2011年,この地方とコース地方でみられる地中海式農業の景観が世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone