コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地中海式農業 ちちゅうかいしきのうぎょうMediterranean agriculture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地中海式農業
ちちゅうかいしきのうぎょう
Mediterranean agriculture

地中海性気候地帯で行われている農業様式。平地では冬作方式で小麦大麦などの穀物,丘陵地ではオリーブぶどう,いちじく,柑橘類コルクガシなどの耐干性の樹木作物が栽培される。穀物は自給用であるが,樹木作物は商品作物となる。また牧畜が行われ,耐干性に富む羊,やぎなどの小型家畜が飼育され,移牧も行われる。北アメリカ大陸では果樹栽培が盛んで,カリフォルニアでは大規模な灌漑によってぶどう,あんず,柑橘類などの果樹が高度な資本主義経営のもとに行われている。このほかチリ中部,アフリカ南部,オーストラリア南西部などの地中海式気候区でも果樹栽培が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちちゅうかいしき‐のうぎょう〔‐ノウゲフ〕【地中海式農業】

地中海気候の地域で行われる農業。冬の小麦・大麦、乾期の果樹の栽培を中心とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地中海式農業【ちちゅうかいしきのうぎょう】

地中海式気候の地域に独特な農業様式。地中海沿岸が代表的で,夏季の高温乾燥に耐えるブドウ,オリーブ,オレンジなどの果樹栽培(おもに丘陵地斜面),冬雨を利用する平地でのコムギ栽培,家畜飼育(ヒツジヤギなど)を組み合わせた農業。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちちゅうかいしきのうぎょう【地中海式農業】

冬作の小麦・大麦や乾燥に耐えるオリーブ・ブドウなどの果樹を栽培する農業。地中海気候の地域にみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地中海式農業
ちちゅうかいしきのうぎょう
Mediterranean agriculture

地中海性気候、すなわち冬季は温暖・湿潤、夏季は高温・乾燥の気候地域にみられる農業様式。商品作物としての耐乾性樹木作物と自給作物としての小麦栽培に、ヒツジ、ヤギの飼養を取り入れた有畜農業である。とくに耐乾性作物であるオリーブ、イチジク、ブドウ、柑橘(かんきつ)類、コルクガシなどの栽培は有名で、なかでもオリーブは標式的な樹木といわれている。伝統的な地中海式農業は、小麦・オリーブ・ブドウの三大作物の栽培とヒツジの移牧を特徴とする。しかし、灌漑(かんがい)農業の普及や農業改善事業の進展などで、オレンジ、レモン、野菜・花卉(かき)類などのより商品性の高い作物の栽培が盛んになる一方、移牧は衰退しつつある。地中海式農業が典型的に発達する地中海沿岸地方では、山地斜面まで石材などを利用した階段状耕地が造成され、独特な景観をなしている(イタリアのアマルフィやチンクエ・テッレなど)。イタリア半島南部やイベリア半島では大土地所有制度が残存し、多くの零細農からなる農村では、伝統的な農法による生産性の低い農業が営まれている。地中海式農業地域としては、このほか近代的な灌漑施設を整えたアメリカのカリフォルニア地方をはじめ、チリ中部、アフリカ南西部、オーストラリア南部などがある。[新井鎮久・井村博宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地中海式農業の関連キーワードディナル・アルプスヨーロッパ式農業ペロポネソス半島バレアレス諸島セベンヌ山脈イオニア諸島南ヨーロッパサン・ホゼレスボス島イカリア島地中海気候パロス島リビアコース

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android