コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミレチエ Semirech'e

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミレチエ
Semirech'e

カザフスタンの南東部をいう。北はバルハシ湖,北東はアラコル湖,南東はジュンガルスキーアラタウ,南は天山山脈の間の地域をさす。セミレチエとはロシア語で七河地方の意味で,バルハシ湖に流入する主要な川が7つあることに由来する。古来遊牧民の地域であるが,また灌漑の便のあるところでは農耕が行われ,都市が発達していた。 19世紀なかばにロシアに併合された。カザフ語ではジェティスーという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セミレチエの関連キーワードアレクサンドル ベルンシュタムモグーリスターン・ハーン国トルコ・イスラム文化カルルク(葛邏禄)トルキスタンカザフスタンアルマトイサーマン朝烏孫

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android