コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セムナーン セムナーンSemnān

2件 の用語解説(セムナーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セムナーン
セムナーン
Semnān

イラン北部,セムナーン州の州都。エルブールズ山脈南麓の広大な平原にあり,標高 1138mに位置する。市内には 12世紀の華麗に装飾されたミナレットや大きな礼拝所があり,また街路に沿って流れる細流が多く,東洋地理学者もそれに言及してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セムナーン【Semnān】

イランの首都テヘランの東部,エルブルズ山脈の南側に位置する都市。人口3万9600(1976)。地味は豊かだが年間降雨量が140mmと少なく,作物の収量は少ない。このため牧畜業が盛んである。1932年創設の綿紡績工場もあり,鉄道(テヘラン~マシュハド間)も通るが,衰退型の都市に属する。主モスクは1425年に完成し,ミナレットはセルジューク朝時代のものであるが,同市はモンゴルなど,東部からの侵入者によってたびたび破壊を被った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セムナーンの関連情報