セリアック病(読み)セリアックビョウ

デジタル大辞泉の解説

セリアック‐びょう〔‐ビヤウ〕【セリアック病】

小麦やライ麦などに含まれるたんぱく質グルテンによって引き起こされる慢性の自己免疫疾患小腸粘膜が炎症を起こし、栄養の吸収が阻害される。腹痛腹部膨満下痢・脂肪便・便秘・鉄欠乏性貧血・疲労感・骨や関節の痛みなどの症状があり、小児では発育障害をきたすことがある。グルテンを含まない食事を続けることで症状は改善される。小児脂肪便症セリアックスプルー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセリアック病の言及

【セリアック症候群】より

…1888年にイギリスのギーS.J.Geeが,1932年にイギリスのタイセンT.E.H.Thaysenがこの疾患の臨床像を詳細に報告したためギー=タイセン病Gee‐Thaysen diseaseと呼ばれていたが,その後,50年にオランダのディッケDickeが第2次大戦中,オランダでコムギやライムギなどの穀物が不足したとき,この疾患の発生が減少したことに着目し,ムギに含まれるタンパク質グルテンがこの疾患を起こすことを明らかにしたため,グルテン惹起性腸症とも呼ばれている。セリアック・スプルー,セリアック病,成人セリアック病,非熱帯性スプルー,特発性脂肪性下痢などが同義語として用いられる。吸収不良症候群の一つで,幼児を含めどの年代でも発症し,下痢,脂肪便,体重減少,全身衰弱などの臨床症状がみられる。…

※「セリアック病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android