セリーナ ウィリアムズ(英語表記)Serena Williams

最新 世界スポーツ人名事典「セリーナ ウィリアムズ」の解説

セリーナ ウィリアムズ
Serena Williams
テニス

テニス選手
生年月日:1981年9月26日
国籍:米国
出生地:ミシガン州サギノー
受賞歴:ローレウス・スポーツ賞〔2003年・2010年〕;ITF世界チャンピオン〔2002年・2009年・2012年〕
経歴:5人姉妹の末っ子。5歳からテニスを始める。1995年9月プロに転向。’97年世界ランク304位でアメリテクカップに出場、強豪を破って4強に入った。ダブルスでは4番目の姉ビーナスと組み、’98年1月全豪オープンで4大大会初出場。3月IGAテニスクラシックでツアー(ダブルス)初優勝。7月全英オープン(ウィンブルドン)と9月全米オープンの混合ダブルスでマックス・ミルヌイ(ベラルーシ)と組み優勝。’99年2月パリ・オープンシングルスに優勝し、ツアー(シングルス)初優勝。6月全仏オープンのダブルスで4大大会初優勝。9月全米オープンではマルチナ・ヒンギス(スイス)を破り4大大会シングルス初制覇、ダブルスでも優勝。10月グランドスラムカップ・シングルスで姉を破り優勝。2000年7月ウィンブルドン・ダブルスで優勝。シドニー五輪ダブルスで金メダル。2001年1月全豪オープン・ダブルスで優勝し、ダブルスの生涯グランドスラム(4大大会全制覇)を達成。2002年6月全仏オープン、7月ウィンブルドン・シングルス決勝で姉を破り初優勝、ダブルスも優勝し、世界ランク1位となる。9月全米オープン・シングルス決勝で姉を破り優勝。2003年1月全豪オープン・シングルス決勝で姉を破り初優勝、女子では史上5人目となるシングルス4大大会4連覇を達成。またシングルスの4大大会全制覇も果たし、男女を通じて史上初めてシングルス、ダブルスの生涯グランドスラムを達成した。ダブルスも優勝。6月全仏オープン・シングルスでエナン・アーデン(ベルギー)に敗れ、4大大会でのシングルス連勝は33で、姉との連続決勝対決は4で途絶える。7月ウィンブルドン・シングルス決勝で姉を破り優勝。2004年はシングルス、ダブルスとも4大大会の優勝はなかった。2005年1月全豪オープン・シングルス優勝。2006年は左膝の怪我のため世界ランクが140位にまで転落。2007年1月全豪オープンでノーシードながらマリア・シャラポワ(ロシア)を破り、2年ぶり3度目の優勝。2008年7月ウィンブルドン・ダブルスで3度目の優勝。8月北京五輪ダブルスで2大会ぶり2個目の金メダルを獲得。9月の全米オープン・シングルスで6年ぶり3度目の優勝を果たし、5年1ケ月ぶりに世界ランク1位に返り咲く。2009年1月全豪オープンはシングルスとダブルスで優勝。7月のウィンブルドンは2年連続4度目の姉妹決勝を制し6年ぶり3度目の優勝、ダブルスも2年連続優勝と、姉妹でタイトルを独占。9月全米オープンはダブルスで10年ぶり2度目の優勝。2010年1月全豪オープンで2年連続5度目のシングルス優勝、ダブルスも連覇。7月ウィンブルドン・シングルス連覇。その後、足の怪我や肺塞栓に悩まされ、ツアー欠場を余儀なくされる。2011年ウィンブルドンで復帰するがベスト16、全米オープンは準優勝。2012年6月全仏オープンで4大大会初の1回戦負け。7月のウィンブルドンは2年ぶり5度目の優勝。8月ロンドン五輪はシングルスで初の金メダル、ダブルスで3連覇を達成。これにより生涯グランドスラムの称号に五輪金メダルを加えた“生涯ゴールデンスラム”の偉業も達成した。9月の全米オープンでも優勝し、国際テニス連盟(ITF)が選ぶ女子の世界チャンピオンに3年ぶり3度目の選出。2013年6月全仏オープンで11年ぶり2度目の優勝、31歳8ケ月での優勝は1986年のクリス・エバート(米国)を上回る最年長記録。9月全米オープンは2年連続5度目の優勝。4大大会通算30勝(シングルス17勝,ダブルス13勝)。175センチ、61キロ。右利き。バックハンドは両手打ち。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

367日誕生日大事典「セリーナ ウィリアムズ」の解説

セリーナ ウィリアムズ

生年月日:1981年9月26日
アメリカのテニス選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016「セリーナ ウィリアムズ」の解説

セリーナ ウィリアムズ
Serena Jameke Williams

職業・肩書
テニス選手 シドニー五輪・北京五輪・ロンドン五輪テニス女子ダブルス金メダリスト

国籍
米国

生年月日
1981年9月26日

出生地
ミシガン州サギノー

受賞
ローレウス賞〔2003年・2010年〕,ITF世界チャンピオン〔2002年・2009年・2012年〕

経歴
5人姉妹の末っ子。5歳からテニスを始める。1995年9月プロに転向。’97年世界ランク304位でアメリテクカップに出場、強豪を破って4強に入った。ダブルスでは4番目の姉ビーナスと組み、’98年1月全豪オープンで4大大会初出場。3月IGAテニスクラシックでツアー(ダブルス)初優勝。7月全英オープン(ウィンブルドン)と9月全米オープンの混合ダブルスで優勝。’99年2月パリ・オープンシングルスに優勝し、ツアー(シングルス)初優勝。全仏オープンのダブルスで4大大会初優勝。全米オープンで4大大会シングルス初制覇、ダブルスでも優勝。2000年ウィンブルドン・ダブルスで優勝、シドニー五輪ダブルスで金メダル。2001年全豪オープンで優勝し、ダブルスの生涯グランドスラム(4大大会全制覇)を達成。2002年全仏オープンとウィンブルドン・シングルス決勝で姉を破り初優勝、ダブルスも優勝し、世界ランク1位となる。全米オープン・シングルス決勝でも姉を破り優勝。2003年全豪オープンで姉を破り初優勝、女子では史上5人目となるシングルス4大大会4連覇を達成。またシングルスの4大大会全制覇も果たし、男女を通じて史上初めてシングルス、ダブルスの生涯グランドスラムを達成した。ウィンブルドン・シングルスでも優勝。2005年全豪オープン・シングルス優勝。2006年は左膝の怪我のため世界ランクが140位にまで転落したが、2007年全豪オープンでノーシードながら2年ぶり3度目の優勝を果たす。2008年7月ウィンブルドン・ダブルスで3度目の優勝。8月北京五輪ダブルスで2大会ぶり2個目の金メダルを獲得。9月の全米オープン・シングルスで6年ぶり3度目の優勝を飾り、5年1ケ月ぶりに世界ランク1位に返り咲いた。2009年全豪オープンはシングルスとダブルスで優勝。ウィンブルドンは2年連続4度目の姉妹決勝を制し6年ぶり3度目の優勝、ダブルスも2年連続優勝と、姉妹でタイトルを独占。全米オープンはダブルスで10年ぶり2度目の優勝。2010年全豪オープンで2年連続5度目のシングルス優勝、ダブルスも連覇。ウィンブルドンはシングルスを連覇したが、その後、足の怪我や肺塞栓に悩まされ、ツアー欠場を余儀なくされる。2011年ウィンブルドンで復帰するがベスト16、全米オープンは準優勝。2012年全仏オープンで4大大会初の1回戦負け。ウィンブルドンは2年ぶり5度目の優勝。ロンドン五輪はシングルスで初の金メダル、ダブルスで3連覇を達成。これにより生涯グランドスラムの称号に五輪金メダルを加えた“生涯ゴールデンスラム”の偉業も達成した。9月の全米オープンでも優勝し、国際テニス連盟(ITF)が選ぶ女子の世界チャンピオンに3年ぶり3度目の選出。2013年全仏オープンで11年ぶり2度目の優勝。全米オープンは2年連続5度目の優勝。2014年の全米オープンから自身2度目となる4大大会4連覇を達成し、2015年のウィンブルドンでは自身の4大大会女子最年長優勝記録を更新。9月の全米オープンは準決勝敗退に終わり、グランドスラムを逃した。4大大会通算34勝(シングルス21勝,ダブルス13勝)、ツアー通算68勝。175センチ、70キロ。右利き。バックハンドは両手打ち。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android