コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルウィウス セルウィウス Servius Honoratus, Marius (Maurus)

2件 の用語解説(セルウィウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルウィウス
セルウィウス
Servius Honoratus, Marius (Maurus)

4世紀のローマの文献学者,注釈家。すぐれたウェルギリウスの注釈を著わした。マクロビウスのウェルギリウス研究『サトゥルナリア』のなかでも,議論に参加する対話者の一人として登場している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セルウィウス【Servius】

紀元後4世紀後半から5世紀前半にかけて活躍したローマの文法家,注釈家。生没年不詳。主著のウェルギリウス注釈書は今日のウェルギリウス研究にも欠くことができない。これには短いものと,ドナトゥスの注釈を部分的に含んでいるとみられる長いものとの2種類があり,後者は発見者P.ダニエルの名前をとって《ダニエル古注》または《増補版セルウィウス》(1600)と呼ばれる。文法,修辞,文体論が注釈のおもな内容をなしているが,先行する他のウェルギリウス批評家に対しては,常にウェルギリウスを弁護する立場を貫いており,彼の詩才を高く評価している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のセルウィウスの言及

【ドナトゥス】より

…ウェルギリウスの諸作品の注釈も書いたが,現存するのは前書き,《ウェルギリウス伝》,それに《牧歌》の序論だけである。しかし,彼の注釈はセルウィウスによって参考にされ,現在にも伝わるその膨大な注釈書に吸収されている。ラテン語訳聖書,いわゆる《ウルガタ》の編者ヒエロニムスはドナトゥスに学んだ。…

※「セルウィウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セルウィウスの関連キーワード結城孫三郎摂関時代ウィーン古典派ラージプート族京都府与謝郡与謝野町明石大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田島根県益田市久城町島根県益田市遠田町広島県広島市安佐北区口田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone