セルギウス[コンスタンチノープル](英語表記)Sergius I of Constantinople

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルギウス[コンスタンチノープル]
Sergius I of Constantinople

[生]?
[没]638.12.9. コンスタンチノープル
ギリシア正教の神学者,コンスタンチノープル総大司教。シリアの人。ビザンチン帝国皇帝ヘラクリウスの信任厚く,ペルシア人の侵寇やアバール人のコンスタンチノープル攻撃と戦う皇帝を支援。教義的にはキリストに神人両性を認めるカルケドン公会議 (451) の正統説とキリスト単性説をとるシリアのヤコブ派,エジプトのコプト派とを妥協させるため,キリストに両性を認めながら活動の源泉は神的なものただ一つであり (単勢説) ,したがって意志も神の意志のみである (単意説) と唱え,皇帝の支援を得た。この説は 680~681年のコンスタンチノープル公会議で東西両教会から拒否された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android