コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルギウス[コンスタンチノープル] セルギウス[コンスタンチノープル]Sergius I of Constantinople

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルギウス[コンスタンチノープル]
Sergius I of Constantinople

[生]?
[没]638.12.9. コンスタンチノープル
ギリシア正教の神学者,コンスタンチノープル総大司教。シリアの人。ビザンチン帝国皇帝ヘラクリウスの信任厚く,ペルシア人の侵寇やアバール人のコンスタンチノープル攻撃と戦う皇帝を支援。教義的にはキリストに神人両性を認めるカルケドン公会議 (451) の正統説とキリスト単性説をとるシリアのヤコブ派,エジプトのコプト派とを妥協させるため,キリストに両性を認めながら活動の源泉は神的なものただ一つであり (単勢説) ,したがって意志も神の意志のみである (単意説) と唱え,皇帝の支援を得た。この説は 680~681年のコンスタンチノープル公会議で東西両教会から拒否された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セルギウス[コンスタンチノープル]の関連キーワードホノリウス1世セウェリヌスコムスン台風12号台風12号被害筑邦銀行伊那佐の山慧能虞世南庶物類纂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android