セルギウス[コンスタンチノープル](英語表記)Sergius I of Constantinople

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルギウス[コンスタンチノープル]
Sergius I of Constantinople

[生]?
[没]638.12.9. コンスタンチノープル
ギリシア正教の神学者,コンスタンチノープル総大司教。シリアの人。ビザンチン帝国皇帝ヘラクリウスの信任厚く,ペルシア人の侵寇やアバール人のコンスタンチノープル攻撃と戦う皇帝を支援。教義的にはキリストに神人両性を認めるカルケドン公会議 (451) の正統説とキリスト単性説をとるシリアのヤコブ派,エジプトのコプト派とを妥協させるため,キリストに両性を認めながら活動の源泉は神的なものただ一つであり (単勢説) ,したがって意志も神の意志のみである (単意説) と唱え,皇帝の支援を得た。この説は 680~681年のコンスタンチノープル公会議で東西両教会から拒否された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android