セルジォ コラッツィーニ(英語表記)Sergio Corazzini

20世紀西洋人名事典の解説

セルジォ コラッツィーニ
Sergio Corazzini


1886 - 1907
イタリアの詩人
ローマ生まれ。
20世紀初頭に小グループをなした「黄昏派」の代表的存在である。悲哀とあきらめ、不信、清純、繊細な心の詩をつづり、自ら「泣きじゃくる少年にすぎぬ」とうたった。肺結核のため、21歳で夭折した。創作期間は’04〜07年のわずか4年で、「苦杯」「散文詩片」「むだな小冊子」などの生前の詩を集めた「抒情詩」一巻がある。ゴッツァーノとともに、クレプスコラーリを代表する詩人。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android