コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久原躬弦 クハラミツル

5件 の用語解説(久原躬弦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くはら‐みつる【久原躬弦】

[1856~1919]化学者。岡山の生まれ。京都大学総長。日本における有機化学研究の理論的基礎を築いた。著「立体化学要論」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久原躬弦 くはら-みつる

1856*-1919 明治-大正時代の化学者。
安政2年11月28日生まれ。アメリカのジョンズ-ホプキンズ大に留学。明治17年東京大学教授,27年一高校長,45年京都帝大総長。ベックマン転位の研究で知られ,わが国の理論的有機化学研究の基礎をきずいた。大正8年11月21日死去。65歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。東京大学卒。著作に「立体化学要論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久原躬弦

没年:大正8.11.21(1919)
生年:安政2.11.28(1856.1.5)
明治大正期の理論有機化学者。美作国(岡山県)津山藩医久原宗甫の長男。明治3(1870)年大学南校(東大)に入学,アトキンソンに化学を学ぶ。10年12月東大理学部化学科第1回卒業生。12年4月米国に留学し,サッカリンの発見者レムセンに有機化学を学び,17年帰国。東大教授,一高教授,同校長を務めたのち,31年新設の京都帝大教授となり,45年同総長に任ぜられた。42年ロンドンでの第7回万国応用化学会に出席。真島利行(1874~1962)らに化学を選ばせるなど,学問の深さと高潔な人柄で京大化学の伝統の礎を築いた。主な研究はベックマン転位についての系統的研究のほか,有機物の反応・構造・合成など。<参考文献>『京都帝国大学史』『津山市史』,山下愛子「久原躬弦」(『MOL』1964年8月号)

(山下愛子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久原躬弦
くはらみつる
(1856―1919)

有機化学者。岡山県津山藩医久原宗甫(そうほ)(洪哉(こうさい))(?―1896)の長男に生まれる。母は歌子。神戸の箕作麟祥(みつくりりんしょう)の英語学校に通い、15歳のとき貢進生に選ばれ、大学南校に入学。アトキンソンらに化学を学び、1877年(明治10)東京大学理学部化学科を卒業(第1回生)、翌1878年準助教、また東京化学会の創設に貢献し初代会長となる。1879年アメリカに留学し、ジョンズ・ホプキンズ大学のレムセンのもとで有機化学を、エール大学で金石学を研究した。1881年ジョンズ・ホプキンズ大学で学位を取得、同年末に帰国。1884年東京大学理学部教授、1886年より第一高等中学校教諭となり、1894年同校校長、1898年、新設の京都帝国大学理工科大学教授、1912年には同大学第4代総長となった。
 1907年(明治40)から1919年にかけてなされたベックマン転位の研究によって世界に知られ、日本における理論的な有機化学研究の基礎を築いた。卒業論文は「日本の染色および捺染(なっせん)法」で、初期には紫根染料の分析(1879)やインジゴの合成(1900)など染料工業の基礎となる純化学的研究を行った。論文「有機化学の講究」(1882)で有機化学の理論的研究の必要性を説き、著書『立体化学要論』(1907)で立体化学を紹介した。彼の研究は小松茂(1883―1947)、野津龍三郎(1892―1957)らに引き継がれ、京都大学における有機化学の反応研究の伝統をつくった。訳書に『レムセン氏小化学書』上下(1888、1889)、著書に『化学者の夢』(1907)などがある。[徳元琴代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久原躬弦の関連キーワード石英岩サイモン委員会結城寅寿ミシン佐藤昌介久原躬弦ディーキンレ・バン久原躬弦マードック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone