セルフヘルプグループ(読み)せるふへるぷぐるーぷ(英語表記)self‐help group

知恵蔵の解説

セルフヘルプグループ

自助グループ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

セルフヘルプグループ

〈自助グループ〉または〈当事者組織〉〈本人の会〉ともいう。難しい病気を持つなど,同じ問題をかかえている人たちが,思いや体験を話したり聞いたりすることで悩みや苦しみを分かち合い,自分らしく生きていく力を得ようという目的で集まるグループのこと。とくに指導者は持たず,問題をかかえる当事者同士が集まり,何を話しても批判されないという状況のなかで発言し,人の話に耳を傾けることによって,〈自分はひとりではない〉ことを知り,癒されていく。こうしたグループの数は1990年代から急増した。 現在日本には,グループに参加したい人や自分でグループをつくりたい人に情報を提供したり,会の運営方法をアドバイスする機関が2つある。〈大阪セルフヘルプ支援センター〉と〈クリアリングMUSASHI〉である。どちらもボランティアによる運営で,電話や電子メールなどで問合せに対応している。→引きこもり現象ボランティア活動
→関連項目アライグマ症候群買物依存症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

セルフヘルプグループ【self-help group】

同じ障害や問題をもつメンバーによって自主的に結成・運営され、共通の問題を話し合い相互に援助活動を行う集団。断酒会、障害児の親の会など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android