コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントキッツ・ネビス セントキッツ・ネビスSaint Kitts and Nevis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントキッツ・ネビス
Saint Kitts and Nevis

正式名称 セントキッツ・ネビス連邦 Federation of Saint Kitts and Nevis。
面積 269km2
人口 5万300(2011推計)。
首都 バステール

西インド諸島東部,小アンティル諸島北部,リーワード諸島にある島国。旧称セントクリストファー・ネビス。北のセントキッツ (旧称セントクリストファー) 島 (面積 168km2) と南のネビス島からなる。両島とも火山島で,最高点はセントキッツ島の 1156m。熱帯に位置するが,北東貿易風の影響で快適な気候に恵まれ,土壌も肥沃。 1623年イギリス人が植民,次いでフランスも入植し,領有をめぐり紛争が続いたが,1783年イギリス領。 1967年北方のアンギラ島とともに,イギリス領セントクリストファー=ネビス=アンギラ (アンギラは 1980年離脱) として西インド諸島連合州に加盟。 1983年9月 19日独立してイギリス連邦の構成国となった。 1988年現国名に変更。住民は奴隷として連れてこられたアフリカ系黒人が大部分。公用語は英語。主産業はサトウキビ,海島綿,果樹,ココヤシなどの栽培で,牧畜も行なわれる。工業は製糖業が中心で,建築資材,エレクトロニクス,衣料などの工業もある。観光業も重要で,年間 10万人近い観光客が訪れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セントキッツ・ネビスの関連キーワードセントクリストファー・ネビスシントエースタツィウス東カリブ諸国機構

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android