コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントクラウド Saint Cloud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントクラウド
Saint Cloud

アメリカ合衆国,ミネソタ州中部の都市。ミネアポリスの北西約 100km,ミシシッピ川とソーク川の合流点に位置する。 1854年入植。ハドソン湾会社の毛皮集散地として発展。花崗岩採石と加工がおもな産業で,「花崗岩都市」と呼ばれる。ほかに穀類を産し,酪農製品を製造する。住民はドイツ系で,ローマ・カトリック教徒が多い。セントクラウド州立大学 (1869創立) とカトリック系の大学がある。人口4万 8812 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android